レストラントピックス

フレッシュ!!夏野菜フェア

響きあう感性×食×感性
蝦夷富士の別名をもつ「羊蹄山」とニセコ連山の主峰「ニセコアンヌプリ」に囲まれ、大自然と切り開かれた田園、レジャー施設が一体となった豊かな土地、北海道ニセコエリア。
2019年には、G20観光大臣会合の開催地に倶知安町が選出され、同町を含むニセコエリアは高級リゾート地として世界中が注目しております。
9月のセンチュリーロイヤルホテルでは、世界が注目しているホットな今のニセコをテーマにしたレストランフェアを開催いたします。
期間中、皆様に札幌にいながらにして「今のニセコ」をお届けいたします。

ミネス幌ーネ

世界で腕をふるった、
北海道出身の前田伸一シェフを訪ねて。


今回のフェアにふさわしい食材を探すため訪ねたのは、静謐でラグジュアリーなホテル「木ニセコ」内にある「杏ダイニング」。
海外で修行を積み、数々の賞に輝いた気鋭の日本料理人 前田伸一シェフが、センチュリーロイヤルホテルの3人の調理長とコラボレーションいたします。
期間中は、こだわりの地元食材でアーティスティックな料理を提供する前田シェフ推奨の素材を用いた特別料理を期間限定でご提供いたします。

●高橋牧場

土づくり、草づくり、牛づくりから製品になるまでを、一貫して見守っている牧場。ミルク工房で使用している牛乳は、高橋牧場からしぼりたてを運び、添加物を極力避け、安全な美味しさを追求しています。

●石川養鶏場

たまごに情熱を注いで50年。鮮度にこだわる事は、できるだけ自然に近い状態のものを鶏に与える事とし、「羊蹄山の湧き水」「四季折々の風」「品質の良い食べ物」の3つに工夫を重ね続けている養鶏場です。

●杏ダイニング 「アンチョビバター」

杏ダイニングの名物。アンチョビを練り込んだ無塩バターは、素材本来の風味を活かしながらもより豊かな美味しさを引き出してくれます。

杏ダイニング

ニセコアンヌプリ山の麓に建つ「木ニセコ」。北海道の象徴である「木」が至る所に配された、ナチュラルモダンな設えの館内やゲストルームが魅力の静謐なホテルです。

前田伸一シェフ率いる杏ダイニングは、朝食からディナーまで、ゲストの滞在を美食でおもてなしするメインダイニング。北海道の食材を知り尽くしたシェフが作り出す、旬の食材の旨みを最大限に引き出した新日本食料理の数々。その料理と共に、日本各地から取り寄せた日本酒、世界各国のワインなどを堪能できます。

札幌野菜応援基金寄付

杏ダイニング

ART GALLERY ニセコの風

 雄大な羊蹄山の麓に美しい大自然が広がるニセコ。
その大自然のもと、ニセコのアーティストが自然の生命を感じ取り、創作した作品を期間限定で展示。

開催期間 2018年9月15日(土)~9月23日(日)
会場 センチュリーロイヤルホテル 2Fロビー

ART GALLERY ニセコの風詳細はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る