Information詳細

2017.06.13

北海道音威子府村 村長  佐近 勝

北海道音威子府村 村長 佐近 勝

「森と匠の村」音威子府は、北海道の名が生まれた場所。幕末の探検家・松浦武四郎が音威子府筬島地区、鬼刺辺川付近で野営。その時出会ったアイヌの古老から「カイナー(この国生まれたもの)」という言葉が教えられ、後に「北海道」と命名される「北加伊道」が発想されました。由緒ある(地)音威子府であり、春夏秋冬(四季)の彩りが楽しめる体験の里でもあります。総面積の80パーセントを占める緑深き森林。数多くの動植物たち。そして氷点下30度を記録する豪雪にして厳寒の地、四季折々が美しい村です。このたび、センチュリーロイヤルホテルさんとの連携によるフェアを開催し音威子府村をPRしてまいります。是非この機会に音威子府村の魅力に触れていただき、実際に村へ足を運んでいただくきっかけになれば幸いです。

開催期間 2017年7月1日(土)~7月20日(木)
会場 センチュリーロイヤルホテル2階ロビー ※入場無料
共催 センチュリーロイヤルホテル
特別協力 音威子府村
後援 北海道150年事業実行委員会

宿泊予約・空室検索

ご宿泊日

から

ご宿泊数

ご宿泊人数

/室

部屋数

検索方法

※ご予約内容の確認・変更・取消は
 こちら >>

口コミ情報

※掲載されているセンチュリーロイヤルホテルの口コミはトリップアドバイザーより提供を受けています

book_now