レストラントピックス

後援:佐賀県、札幌市、札幌市観光協会

札幌市の歩みは、1869(明治2)年に北海道開拓使が置かれ、開拓判官・島義勇が碁盤の目状の区画を構想したことにさかのぼります。
まだ、原野であった札幌の地。島は、円山の丘からはるか東方を見渡し、「五州第一の都」(世界一の都)を造るという壮大な構想を描きました。
あれから140余年。島義勇が見た札幌は、今や190万都市に成長しました。
島義勇が結んだ佐賀と北海道とのご縁をテーマにした「がばい!うまい!佐賀×北海道料理」で、札幌の歴史に思いを馳せるひとときをお過ごしください。

【同時開催】札幌の開拓に尽くした島義勇を紹介 島義勇パネル展

・期間:2015年11月1日(日)~11月30日(月)
・場所:2階ロビー
・料金:入場無料

>> 詳細はこちら

ページの先頭に戻る