提供元: 奥尻島観光協会

レストラントピックス

おくしり悠食休暇

「オクシリブルー」と呼ばれる透明度25mの澄んだ海や、自然のままの景観が美しい北海道・奥尻島。
6月のセンチュリーロイヤルホテルでは、この奥尻島の食材を使用したお料理や観光名所をテーマにした一品、奥尻島のご当地グルメ「奥尻ブイヤベース」をアレンジしてご提供いたします。
日本料理とフレンチの調理長が腕をふるう「美味しい島旅」をご堪能ください。


島の旨みあふれる「郷土料理」を、ホテルでアレンジ。ご当地グルメ「奥尻ブイヤベース」

奥尻島の森は、保水力の高いブナが大半を占めています。
そのため、島でありながら豊かな水に恵まれ、美味しいお米が
育まれています。

潮風が運ぶ天然のミネラル分を豊富に含んだ、海を感じる奥尻ワイン。

ロンド・北乃路で味わう、奥尻島のテロワールに満ちたマリアージュ。
グラス:1,600円[税込] ボトル:9,500円[税込]


奥尻シャルドネ(白)

熟したトロピカルフルーツやジャスミンティーの香り。
キリッとした印象の辛口で前菜や魚料理を引き立てます。

奥尻メルロー(赤)

ハーブ、若草のアロマ。ベリー系の味わいにミントの香りが潜む、なめらか味のミディアムボディ。
肉料理のしっかりとした味わいと
好相性です。



1合:1,500円[税込] ボトル 750ml:5,000円[税込]


特別純米酒 奥尻

島を深く覆い包むブナ森から湧き出す豊富な「天然水」と、その豊富な島の水を湛えた田んぼで契約栽培された酒米「吟風」だけを原料にしています。
奥尻島をイメージさせる素朴で透明感のあるさっぱりとした味わいをお愉しみください。

島の旨みあふれる「郷土料理」を、ホテルでアレンジ。ご当地グルメ「奥尻ブイヤベース」


「ブイヤベース」はフランス生まれの海鮮スープで、世界3大スープのひとつ。
奥尻島では、奥尻近海の魚介類をふんだんに使ったご当地グルメ「奥尻ブイヤベース」が味わえます。北乃路では三平汁風仕立て、ロンドでは調理長こだわりの味付けに、それぞれアレンジしてご用意しました。

北海道奥尻町 町長 新村 卓実
北海道奥尻町
町長 新村 卓実
  • 北海道最西端の奥尻島は豊かな自然に恵まれ、離島の北限のブナ原生林が育む豊富な水資源により稲作、ブドウ栽培が行なわれ、さらにオクシリブルーの海は「うに・いか」など新鮮な魚介類の宝庫です。
    今回のフェアで島の味覚を五感で味わっていただき「奥尻島に行きたい」と感じていただけたら幸いです。

奥尻町ロビー展[観覧無料] 2019年6月1日(土)~6月30日(日) センチュリーロイヤルホテル
2F ロビー
奥尻町物産展 2019年6月28日(金)~6月29日(土)
10:00~18:00
センチュリーロイヤルホテル
2F ロビー
販売商品など>> 詳細はこちら

ページの先頭に戻る