レストラントピックス

北海道の南に位置する二つの地域、胆振と日高。その総称が日胆(nittan)。
北海道食材にこだわったお料理をお届けしているセンチュリーロイヤルホテルでは、このたび「北海道新幹線×nittan 地域戦略会議」の皆様とコラボレーションいたします。
海に面し山地部も多いnittanは、海の幸はもちろんブランド牛肉や豚肉、野菜など良質な食材の宝庫。
2016年3月26日の北海道新幹線開業を契機に、各地域の持つ魅力をかけあわせて地域を盛り上げようと設立されたnittan。
恵み豊かなnittanの魅力をどうぞご堪能ください。

北海道新幹線 × nittan地域戦略会議
会長 苫小牧市長 岩倉 博文

本年3月26日、ついに北海道新幹線が開業しました。
新幹線沿線ではない日胆も、新幹線開業をオール北海道で盛り上げたいという強い想いがあり、このたびセンチュリーロイヤルホテルさんとのフェアが実現しました。
ぜひこの機会に多くの方々に日胆の食の魅力を堪能していただき、実際に日胆へ足をお運びいただくきっかけにしていただければ幸いです。

nittanエリアとは、北海道の南部に位置する「胆振(いぶり)」と「日高(ひだか)」という2つの地域の総称です。ふんだんなnittanエリアの「食」の代表的なものをご紹介します。
これらの一部は期間限定メニューとしてホテル内レストランでもお召し上がりいただけますので是非お立ち寄りください。

ページの先頭に戻る