レストラントピックス

主催:センチュリーロイヤルホテル 後援:新冠町

ピーマンの生産量北海道No.1を誇る新冠町。
新冠町は北海道南部に位置し、豊かな土壌と昼夜の大きな気温差がピーマン栽培に適した地域。また、わずか数軒の農家が栽培するレッドビートも、知る人ぞ知る逸品として注目を集めています。
秋のセンチュリーロイヤルホテルでは、この「にいかっぷピーマン」と「レッドビート」を、パスタやムース、炊き込みご飯、デザートなど様々なお料理にしてご提案いたします。

生で食べても美味しい!「にいかっぷピーマンとは」

新冠町の特産品として栽培されるピーマン。良質な有機堆肥を使った土づくりに力を入れ、その土壌から成長したピーマンは甘みがあり、瑞々しく、生で食べても美味しいのが特徴です。

栽培方法の確立と環境への取組

品種は「みおぎ」に統一しており、すべてビニールハウスで栽培されていることから、天候の影響が少なく良質製品の安定供給が可能となっています。栽培農家は「エコファーマー」の認定を受け、持続性の高い農業生産方式の導入に取り組んでいます。

食べる輸血とも言われる「レッドビート」

鮮やかな色が特徴の「レッドビート」も、新冠町が一押しする野菜。北海道の冷涼な気候や土壌が栽培に適しており、てん菜(砂糖大根)の仲間で食べるとほのかに甘く、実を切ると綺麗なルビー色で、葉酸やカリウムを含んでいるのが特徴です。

北海道新冠町長 鳴海 修司
  • 当町のピーマン生産は、馬産地の特性を生かした馬ふん堆肥を使った土づくりから始まります。
    農家さんが丁寧に育てた、ピカピカで瑞々しいピーマンをサラダで食した時、口に広がる甘みで、「身土不二」という言葉が頭を過ぎります。
    皆さんもこの機会に、是非とも感じていただきたいと思います。
毎日の食卓でも楽しんでほしいにいかっぷピーマンplusレッドビート
「にいかっぷピーマン」
地域団体商標取得の取組

北海道で栽培しているピーマンの特徴を生かした地域ブランドの確立、消費者からの信用を維持し、農業競争力の強化などを目的に地域団体商標が出願されました。数年前より、消費地での販売促進や食育活動、行政との連携による新規就農者の募集にも取り組んでいます。

『今後の目標』

・北海道一の生産量を維持
・消費者に信頼される産地になること

ご自宅でピーマン三昧

平成21年度に開催した「にいかっぷピーマン料理コンテスト」の受賞作品を紹介します。
おかずやスイーツ、お弁当の一品にもぜひどうぞ。

https://www.niikappu.jp/sangyo/nogyo/pman.html
小さな実に大きな夢をつめこんで『にいかっぷピーマン1問1答』
Q1.品種はなぜ「みおぎ」で統一?
A.緑色が濃く柔らかいから。以前は「あきの」という品種でしたが、平成16年から「みおぎ」に統一しました。
Q2.ピーマンの栄養素といえば?
A.豊富なビタミンC。ビタミンPの特性から加熱してもビタミンCが壊れにくく、炒め物にも最適です。
Q3.新冠の子供達はピーマン大好き?
A.町による2016年の調査(回答数447名)では、嫌いな野菜第2位に…。
でも、好きな野菜にも6位でランクインしています!
Q4.にいかっぷピーマンを生産する、「エコファーマー」とはなんですか?
A.土づくりや減化学肥料・減農薬などの環境に優しい農業に取り組む農業者のことです。
Q5.選果場の方おすすめのピーマン料理を教えて。
A.ピーマンの丸焼きにしょうゆをつけて食べるのが一番好きです!ぜひお試しください。
燃えるルビー色は情熱の印 『レッドビート1問1答』
Q1.新冠町でレッドビートはたくさん作られているの?
A.「蔭農園」ほか数件でのみ生産されている、希少な作物です。
Q2.数軒でしか生産していないのに、どうして多くの人の目にとまるようになったの?
A.かつて地域おこし協力隊員で活動中だった「ナンモダ百貨」の方が、新規就農者の増加・生産農家の所得向上・地域商圏の存続を目的とした野菜直販所をオープンさせました。地域の問題を解決しようという情熱があり、ここで紹介された事をきっかけに広く知られるようになりました。
Q3.どこで買う事ができますか?
A.「サラブレッドロード新冠道の駅」の隣にある、「ナンモダ百貨新冠本店」で販売しています。季節によっては通販の詰め合わせセットに入ることもあるので、ぜひ問い合わせを。
Q4.「ナンモダ百貨新冠本店」に直接行って買う魅力はなに?
A.なんと言っても鮮度。スーパーで販売される根の部分だけでなく、茎や葉も食べる事ができますよ!

新冠町ロビー展
【観覧無料】
「レ・コード館」にコレクションされている100万枚のアナログレコードを活用した、
それぞれのテーマに沿った企画展や、懐かしい蓄音機等をロビーに展示します。
[開催日時]:2020年10月1日(木)~10月31日(土)

● にいかっぷピーマンplusレッドビート×アナログレコード』コラボアート展
● レ・コード館からエールを!応援歌の神様『古関裕而』展
● レ・コード館特別企画展『アイヌ~レコードに刻まれた記憶と音~』

※展示内容は変更になる場合がございます。


参加者募集中!
「ピーマン」づくしのフルコースを
楽しむ特別試食会
申し込み期間:2020年9月30日(水)まで
開催日時:2020年10月12日(月) 11:10~13:45
詳細はこちら>>

ページの先頭に戻る